比嘉周作オフィシャルブログ アラウンド ザ ワールド

比嘉周作の沖縄〜海外行き来 司会とパフォーマンスショーなど。

SPONSORED LINK

アドバイスと打ち合わせと復活と手応えとしじみ汁。後編

SPONSORED LINK

国際通りから抜けて電気屋さんに到達する。

 

国際通りは沖縄では人が多いほうだけど、北上していくと一気に地元の人たちばかりになる。

 

電気屋さんは地元の企業や人しかこないような規模だ。

電子職人さんと話し合いをして、アドバイスを貰う。

 

ついでにその方が取り組んでいる事の話になった。

面白いものを作っている最中で、興味津々。

 

これ、本当に特に女性にとってはどうでもいいかもしれないけれど、

 

話しの内容は

 

プログラミングによってモーターを遠隔操作してそれが1キロ圏内だったらできうる

 

というもの。

 

で、それの試作中のものを見せて貰った。

 

うおおおぉ!!!!

 

思わず、

 

 

これはクールですね!!!

カッコイイ!!!

 

と褒め称えてしまった。

 

皆さんが俳優とかアイドルとか、クルマとか虹とか撮影する感じだろうか。

 

感動して撮影した。

 

見てくれ!

 

これだ!

 

f:id:higashusaku:20160806022941j:image

 

 

f:id:higashusaku:20160806022923j:image

 

 うふふふふ〜。

 

ヤバいぜ〜。

 

 

興奮してしまった。

 

 

ちなみに、好きで取り組んでる事があり、

プログラミングしてある事をやりたいのである。

 

趣味というかなんというか。

 

千円札とか紙を使ったパフォーマンス、

または他の何かを楽しく動かすのだ。

 

作ったらお披露目したいし、

 

場合によっては販売したい。

 

たぶん、この趣味というか好きな事がより高まると、

 

 

私はロボットを作る事ができるようになるだろう。

 

まぁ、実を言うと、

 

いずれバットマンを越える装置を作るつもりだ。

 

闘うためというよりはパフォーマンス的なものだ。

 

 

あなたはハリーポッターが好きだろうか?

 

 

魔法の杖はどうだろう?

 

手から煙が出たり、

 

空を飛ぶ鳥が仲間になったり。

 

どうだろう?

 

魔法を使えるようになりたい?

 

目に見えない不思議な力。

 

それは、

 

必ずこの答えに行き着く。

 

科学と魔法は、同じなのだ。

 

 

さて、、、

熱くなってしまった。

 

とりあえず、お願いしていた本来の魔法機材を受け取り、

 

いったん休憩してから美浜へ向かう。

 

時間が思ったより過ぎていたけど、昨夜の続きだ。

 

 

そう、

 

イチローのヒット。

 

コンスタントにヒットを打つストリートライブ、

 

というのを今日は試すのだ。

 

原型というか、骨格というか。

 

流れるようにその場所にセッティングし、

その場所を活かし、

 

周りの人々に合った世界を作る。

 

そのために、お気に入りのTシャツを着てきた。

 

勝利のTシャツだ。

 

違う種類のも持っていて、3枚あるんだけど、

 

 

今日は皆さんに、うち2枚、手洗いして干してある状態のTシャツをお披露目しておきたいと思う。

 

見よ!!!!

これぞ、我が理論の骨格をなす勝利のTシャツだ!!!

 

f:id:higashusaku:20160806024903j:image

 

シンプルな白黒Tシャツさ。

ふふふ、

ははは、

 

あーはっはっはっ!

 

足元でジャンくんも嬉しそうに角っこスリスリしてるぜー

 

f:id:higashusaku:20160806024946j:image

 

 

そして美浜に到着。

いる人々も変わる。

 

機材チェックやセッティング。

 

軽く見てゴミが無いかチェック、

荷物もカバンもキチンと配置していきたいなー

まずは昨夜の考えを1つ用意しつつ配置を、

 

それから修理したものを、、、

 

ってやろうとすると、

といきなりファミリーが!

 

おぉー!?

 

そして子どもが三人、俺の周りを走りながら、何かしら叫んでいる。

 

言葉を聞くと中国語だ。

 

なんとなーく聞き耳を立てる。

 

うん、

 

ショーを観たいよー!

 

と中国語で言っている。

 

わずかな単語しかわからないけれど、

とりあえず知ってる単語だ。

 

黒のシルクハットに、勝利の白黒Tシャツに、黒系のメッシュジャケット、深い紺のジーンズ、白黒の猫ポシェット。

キャリーバッグは黒ベースで数カ所ちょっとした赤。

タップ板とつなぐ配線は赤。

 

配色は、すなわち、黒と白がメインで、差し色に赤。

 

黒と赤は

ちょい怖い色だから、そこは白色と、絵のカワイさが大事。

 

残念賞なのは、時おり子どもが警戒する。笑

だよねー!こんな人危ないよねー!

うふふ〜、おじさんはね〜、

ロボット作るのが夢なんだよ〜。

 

しかし、

理論の骨格がこんなにも早く!? 

 

まだ今日の準備は全部はできてないけど、

 

 

やるぜ〜!!!!

 

 

必殺の!!!!

 

 

その場で選曲して簡単なバルーンとタップダンス〜。

 

というわけで、2分くらい?

他にも2組ほどファミリーが来て周りに座り始める。

 

おぉー!?

今日はまた昨日と違うなぁ。

 

よしやるぞ〜。

 

というわけで全ての配置とセッティングができぬまんまに、

 

バルーン、バルーンマジックとタップをする事に。

これで30分くらいが過ぎたのかな、わかんないや。

 

いやー、楽しい!

 

ちなみにお金は請求しないし、

チップください、とは言わない。

 

そこら辺にチップ入れを置いてあって、

入れたい人が入れる感じ。

 

日本やアジアだとこれはなかなか大変かも。

そもそもチップの文化がないからね。笑

 

まぁでもとりあえずしばらくはこのスタイルでレッツゴー。

 

人の波が引いて、続いて修理に出した魔法機材、それから全体的な配置、片付けをして、

休まずに中盤スタート。

 

ちなみに後半はマイクなしで、基本的に身振りと、効果音マジックやタップダンスのみ。

 

これを約一時間半ほど。

 

そして客層が変わったので、それに合わせて今度は基本的に、

 

ラブソングや好きな曲とタップダンスのみ。

 

これを1時間弱くらいかなー。

 

数時間、ノンストップで楽しかった。

 

そして最後は白人男性2人組み。

 

立ち話。

 

どうやらタップダンスしてたらしく、軽くやって見せてくれた。

 

うん!

俺より上手い!

 

それから、さらにヒップホップダンスを披露してくれる。

 

ほんと、今時の若者たちはダンスできて当たり前なのかな〜。

 

全体的にダンスできる感がスゴい。

 

でまぁ、それから道向かいのビートボックスの連中のところに連れていって、紹介して、

 

白人のヒップホップと、ビートボックスのセッション!

 

良いね〜!!!!

 

見てて楽しかった。

 

というわけで、手応えを感じたし、良い1日だったな。

 

帰りはすき家へ。

 

ふふふ、

 

今日は牛丼だけじゃねぇ!!!!

 

ごきげんちゃんだからなぁ今夜の俺はぁ!!!

 

チーズとたまごと、初のしじみ汁つけちまうぜ〜

 

f:id:higashusaku:20160806032042j:image

 

ははは。

 

美味しく食べた。

 

シアワセだよ。

 

こういう日が100日くらい続いて欲しい。笑

 

 

明日は土曜日か。

 

ふふふ、お昼とかはゆっくりプログラミングによる魔法機材をゆっくり作ろうかなぁ。

ミスドも行きたいしなぁ。

 

 

ストリートライブは、体調管理のために2時間くらいで終わるかも。マイクも入れて仕上げかなぁ。

なぜなら日曜日は初の具志川イオンにてステージショーだからね!

 

こうして金曜日が終わった。