比嘉周作オフィシャルブログ アラウンド ザ ワールド

比嘉周作のゲーム攻略や沖縄〜海外行き来 司会とパフォーマンスショーなど。

SPONSORED LINK

Switch版apexの面白さと可能性

3月10日からSwitch版apexがスタートしました。

それに合わせて取り組んでいるのですがなかなか面白いです。

 

伸び代がまた良くて、今後、新型Switchが出るときに人気の分かれ道なのかなーと思います。

 

現状、パソコン版、プレステ5の前のプレステ4にも性能が劣るSwitchでのapex。

 

画面の視野の広さ

通常の視野角は最低でも90くらいからかなと思いますが、Switchはなんと視野角が70に固定されています。

 

他のプラットホームより狭く、FPSは最低のプレステ4でさえ60なのですが、Switch版は30FPSとのこと。

 

唯一の個性というかウリでもあるのがジャイロなんですが、中遠距離になると3スコープ以上から画面がぶれ始めたり、真ん中に照準を合わせても勝手に右にカーソルが動いていくこともあります。

 

楽しみの一つがパソコンやプレステなどとのクロスプレイなのですが、カクツキが段々と酷くなるので、しばらくプレイしたら再起動が必要になります。

 

それでも前向きなのです

 

理由としては新型Switchですね!

Switchが作られる段階でパーツに採用されているのが、RTXシリーズなどでレイトレーシング搭載のグラボで有名なNVIDIA

そのNVIDIAが現在のSwitchに使われるパーツを生産終了したとか。

となるといずれは新型Switchを出すしか手段はないので、その場合には

 

見込みとしてのベターな期待としては

 

FPSが向上、4K対応、視野角や処理能力向上、ジャイロの不具合も控えめになる

 

という期待が持てます。

 

仮にFPSが60だとしても今の2倍。

よりスムーズに見えますし、

視野角は90まで対応となれば、世界ではShivという素晴らしいバンガロール使いが視野角は90です。

それに加えてカクツキがなくなりジャイロもスムーズになるのならそれだけでも十分ありがたいなと思います。

 

エイムアシストとジャイロの組み合わせがし易くなる事が本当に楽しみです。

 

最上級の結果になるなら

 

FPSがまさかの90

視野角は他のプラットホームと同じ選択肢

エイムアシストとジャイロの組み合わせがシームレス。

遠距離でもジャイロブレがない

カクツキは皆無

 

とまで来たら素晴らしいなと思います。

パソコンだと190FPSとか普通かもしれませんから、

90は全然違うのですが、それでも今のSwitchは30ですからね。

ほんとこれが叶うなら性能落ちますがそれでも最高ですよね

ははは。

2040年の未来予測 姪っ子のために思ったこと書き出し編

amzn.to

この本はいま、3歳の姪っ子が将来幸せでいられるように書き出しておくものです。

そしてもし、自分にこどもができたらその子が大きくなるまでに読んでもらえるように、現在の恋人はすでに一子いるのでまだ見ぬその子が読むときにも、一つの参考書として残しておきます。

外国の少年ではあるけれども、翻訳メガネや何かしらのソフトにより、言語の壁はかなりなくなっているはずだから。

将来的にはGoogle翻訳も形を変えるかなくなっているだろう。

 

今後思ったことを書き足していきます。

 

①この本だけではなく、時が進めば科学、予期せぬできごと、さらなる有効な情報がいくつか現れてくるので、その年、その月の有効な情報を多角的にとらえておくこと。

多角的な意見や情報をもっておくことでより幸せや成功に近づける。