比嘉周作オフィシャルブログ アラウンド ザ ワールド

比嘉周作の沖縄〜海外行き来 司会とパフォーマンスショーなど。

SPONSORED LINK

【グラブルVS】楽しさと安らぎのジータ&カタリナ

今日は試しにカタリナさんをランクマでやってみました。

 

良かったです♪

せっかくなので少しもったいぶって、笑。

カタリナさんの嬉しいところを後回しにして書きたいと思います。

 

目が点になる部分もあって、

 

1 ジータと違い、下Bキャンセルの突進技のエンチャントはガードされると反撃される

 

2 ターゲットコンボがヒットしている状態からのBエンチャントはなんとガードされる。笑

 

3 TCからのリープ、下A立Aからのリープはなんと、  スカる!!!笑

 

4 連続技がキャラによって変更しないと決まらない

 

これですね!!!笑

 

ランクマでこの現象を見たときに目が点になりました!!!笑

 

ジータなら出来ることがカタリナさんだとできません。

 

嬉しい事の前に書くのはこれくらいですね!

 

立ち回りで落ち着いてコツコツとダメージを取り、どこかで連続技をCエンチャントかC弾にしたら良しかなと。

 

さて!

 

嬉しいのは、カタリナさん使ってて落ち着き感が好きですね本当に!

 

技がシンプルというか、突進技をキャンセルで出してもガードされたら反撃されるし、接近戦を積極的に固めに行ってもそんなに強くないし、仕方ないですよね。笑

 

1 下B、立ちB、または立ちC

2 キャンセルか直で弾撃ち

3 遠目にエンチャント

 

これらに対空とダッシュやジャンプ、特殊上下ですね!

 

ジータのボーパルがないのでその分ディフェンシブです。

 

ジータもディフェンシブにできますし、併用できそうです。

 

ジータの楽しさと、カタリナさんの安らぎという感じ。

 

もちろんグランも良いし、グラブルVSは本当に楽しみどころがあります。

 

ジータとカタリナはやり込んで、両方とも使えるようになりたいですね。

 

アグレッシブで見た目も小粋な立ち回りはジータがナイスだし、

落ち着く時はカタリナさんでと使い分けても楽しそう。

 

キャラ対は、

グラン、ジータにはカタリナさんで、

パーシヴァル、フェリ、メーテラ辺りはジータなのかも。

 

ランクマだと誰に当たるかわからないのでなかなか難しいところですが。笑

 

 

 

【グラブルVS】ジータとカタリナ パーシヴァルとグラン 最強の組み合わせは?

ジータにして、沖縄大会に出ましたが、ランクA4で一回戦はSSSのジータ、ルーザーズはSSのジータと当たり敗退。

 

2回連続でジータと当たったのは情報や経験になるのでラッキーですが、やり込み不足ですね!

 

そして分かったことは、全国的にもジータは多いのではないかと。

次にシャルロッテも多いかも。

パーシヴァルは1番強いとも言われていえ、勝ちたい人がトライしてそう。

そしてパーシヴァルはグラブルVSで難易度も高いキャラなので、二強、また二位と言われるグランにする人もいそうです。

 

そういった中で、有りかもと思ったのがかつての二強、または4強にいたのがカタリナ。

 

バランス調整でパワーダウンさせられ一気にプレイヤーが減りました。

 

現在ではパーシヴァルやフェリなどカタリナよりもリーチ長めの相手には苦しいと思いますが、それでもある程度のキャラに安定して立ち回れそうです。

 

おそらく、ジータ、グラン、シャルロッテにはまだ有利な面もあるかなと思っています。

 

特に大会では安定したカードとして用意できると思います。

特に一回戦で相手があまり上手くない、

であったり、

何回戦と重ねれば相手の強さやキャラもある程度わかるので、対応力の高いカタリナは信頼感が高そうです。

 

ジータとカタリナ、

グランとカタリナ、

 

という組み合わせで練習しておくのはなかなか良いと思いました。

 

ジータのアグレッシブさとスピード、

カタリナのリーチと安定感、

 

グランの安定感と博打性能の両立と爆発力、 

カタリナの安定感と守備範囲。

 

これらは良い組み合わせだと言えます。

 

カバーしきれないのは、

ジータ&カタリナだとフェリ、パーシヴァルがキツそうですし、

グラン&カタリナだとパーシヴァルでしょうか。

 

全体的には、

 

パーシヴァルに関しては、フェリが厄介とも聴いているので、フェリに有効と言われるランスロットが良いのとグランもそこそこ良さげ。

 

パーシヴァル&ランスロット

がベストで、

 

 

次点で

パーシヴァル&グラン

 

がベターかもしれないですね。