比嘉周作オフィシャルブログ アラウンド ザ ワールド

比嘉周作の沖縄〜海外行き来 司会とパフォーマンスショーなど。

SPONSORED LINK

1月もそろそろ

1月もそろそろ終わります。

 

さて!

近況を!

 

まずはゲーム配信の収入ですが、

うーん!?

ちと難しい部分もあり、ひとまず後退の可能性があります。笑

一番収益を上げていたサイトが規約が変更になり、ちと難しいです。

2月以降からは上位400名のみに収益が発生するとの事で、今後配信者が増えれば増えるほど人数的にはYouTubeよりもスーパー厳しい人数となるのです。笑

まぁその辺りは仕方ありませんし、これまでありがとう!感謝というところ。

 

それでも、2月の新作の当たり具合で変わりそうです。

それはグランブルーファンタジーヴァーサスという新作が出るからです。

 

これはもう本当にやるしかないです。

 

新作が出るタイミングで初日からできるのは20年ぶりくらいな気がします。笑

やっとそのチャンスが来たのですね。

知識と経験が昔よりはあるし、

ゲームシステムがシンプルになるそうなので、

昔からのオーソドックスなゲームをしてきた自分にはラストチャンスの勢い。笑

注目度がある程度あるはずなのでこちらを、メインにプレイしていくと思われます。

 

現在も第五人格は続けていて、安定してきました。

マリーというハンターを軸に殿堂級がちょくちょく発生し始めています。

 

そしてマリーはやはりバンされるので、対策としてこの1ヶ月で変化もしています。

 

まず、サブで主にボンボンを使うようになりました。

今後はさらにボンボンをメインにしていくと思われます。

理由は完全にバン対策。

マリーを使えることはなくなるので、

次の作戦として、

"バンはされにくいけど上位に行けるハンター"

が求められます。

もちろん

"なおかつ好きなハンター"

が追加となるわけです。

 

となると、

リッパー

ボンボン

ハスター

辺りになりますし、

新ハンターのアンが見込み通りなら、

アンも加えて4キャラになるわけです。

美智子は残念ながらまだ第二スキルの実装はされていません。

 

マリーがバンされて、

ボンボンメインだと、

カウボーイ、祭司がキツくなりそうな気もします。

 

どういうことかと言うと、

メインとして使うと強さはあるが、

よく使われそうなキャラ(サバイバーと言います)に苦手キャラがいる、

という弱点が付いてきます。

 

そこでその苦手なサバイバーに対して対応可能なのが新ハンターのアンになりそうなのです。

 

ここで1つ重要なポイントは、

グランブルーファンタジーヴァーサスとのバランス

です。

 

何キャラも使いこなせるほど器用さが無いと思われるので、

第五人格は1〜2キャラ、

グランブルーファンタジーバーサスも1キャラ、

というバランスが良いかなと思っています。

 

第五人格は、プリコさんというプレイヤーがいて、

彼は基本的にリッパーをずっと使っています。

 

彼は自分自身よりもすぐれたプライヤーが高レベルなプレイをすることを言葉にしていて、

無理をせず、リッパーに集中しています。

これは本当に目の付け所がかなりよくて、

リッパーは攻撃を当てる難しさもありますが、基本的な操作はしやすく、

なおかつ見た目もかっこよく、

先ほど書いたような、

バンされるほど最強では無いけれど強いハンターにリッパーも入ります。

 

また、リッパーはボンボンと違って凡庸性が高く、カウボーイにもある程度闘えます。

祭司は苦手な方ですが。

 

そんなプリコさんももしかしたらアンを追加して行くかもしれないですね。

リッパー&アンで隙が減ると思われます。

リッパーのイメージが高いのですが、来月、再来月どうなっているかはわかりません。

 

というわけで、僕の場合、

ボンボンメインだと、ある程度立ち回れるのでカウボーイと祭司が来た時にどうするかを作れていたら時間の投資も含めて安定するし、

その分、グランブルーファンタジーヴァーサスも集中しやすいです。

 

第五人格が今後どうなるかの対策も安心です。

第五人格はサバイバーが有利すぎたり、ゲームシステムが未熟な点があるのですが、これが今後改善されてバランス取れてきたら安定して一緒に進めますし、

昨年のピークの夏よりGoogleトレンドの検索が12月の時点で80%ダウンしています。

 

f:id:higashusaku:20200130193906p:image

 

ちょうど、10月はサバイバー有利が顕著になってきました。

マリーの弱体化、ハスターの弱体化、

箱の強化、

ゲートの音の縮小、

ボンボンの弱体化、

祭司のバカみたいなやり過ぎ強化。

 

ハンターを辞める人が増えてきたのと同時に検索する人も80%のダウンになっていました。

 

悲しいですが、運営が選んだ選択なので仕方ないです。

 

今後は盛り返すかもしれないし、

盛り返さないかもしれないし。

 

うまくいけば、そのまんま第五人格やっていけます。

ダメになったら悲しいけど、マッチングがかなり遅くなるので仕方ないからやらなくなるでしょう。

現在、五分以上待ってやっと1試合マッチングとなっています、、、

 

でも、まだゲーム配信の夢は諦めておらず、グランブルーファンタジーヴァーサスに多くの時間を投資する事でしょう。

 

2020年は良い感じ

あけましておめでとうございます。

 

来ましたね2020年! 

 

昨年に始まりだしたe-Sportsの波。

 

沖縄にて人生最後の波?

 

になろうとしています。

おそらく2020年でやれる事が今後の人生を左右するような気がしています。

ゲーム配信は先月くらいから収入が安定していて、僕は出費が少ないので、このまんまいけばゲーム配信で生活していけると思います。

 

でも、先はわからないし、お金だけでなく、各種イベントや披露宴、パーティーの司会も楽しんで続けて行こうと思います。

今年が勝負、です。

 

2月末にあるゲームイベント。

e-Sportsが沖縄で流行る大事な1日になるかもしれません。

 

それまでにやれる事はメインでプレイしている第五人格のハンターとしての成績を上げること。

それが一番配信している番組への誘導になります。

 

心身を仕上げることも大切です。

12月には、1日というか数日のルーティンワークを作り始められてて、正月明けには出来てきました。

2月末に合わせていい形に出来そうな気もします。

間に合います!

 

問題は第五人格のメインキャラクター。

ごっこゲームで、

僕はハンター専門なんですが、1人は決まってて。

血の女王マリー。

少しずつ伸びてきてて、1月中にはアジアランキングの500位内には入れそうです。

でも問題はゲームのシステム上、ランキングが上がると、

ハンターが2人以上いない場合に勝つのが難しくなります。

 

これが本当に悩ましい!

マリーと並ぶようなバランス力を発揮できるハンターがもう1人身につけたいんですよね。

 

もう1人が決まればあとはラクです。

日常に余裕ができるのでそれを2月末のイベントに向かわせる事ができます。

 

ブログを書きながら思いついたのは、新ハンターのアンがでるので、それを見越して2人目を選ぶ作戦です。

 

アンがどのような能力かはまだわからないので、

2人目は環境にそいつたら難しい相手には引き分けを狙うスタイル。

3人目に新ハンターのアンが来る段階で、

マリー、2人目とバランスを見て使いどころを考える、というものです。

 

次に、今の段階で、2人目と3人目をセレクト。

お互いが補助できるように構成して、

マリーバンの時に相手の編成を見て2人目か3人目を使う。

どちらもある程度得意な時しか使わず、

新ハンターが出た時に追加して編成し直す、

というもの。

 

このように形を作る事ができるので、

本当にマリーをやっていて良かったなと思います。

いずれにしても一月末には登場するはずの新ハンターを待ちつつ、

2月末のe-Sportsゲームイベントに備えたいと思います!