比嘉周作オフィシャルブログ アラウンド ザ ワールド

比嘉周作の沖縄〜海外行き来 司会とパフォーマンスショーなど。

SPONSORED LINK

2020年は良い感じ

SPONSORED LINK

あけましておめでとうございます。

 

来ましたね2020年! 

 

昨年に始まりだしたe-Sportsの波。

 

沖縄にて人生最後の波?

 

になろうとしています。

おそらく2020年でやれる事が今後の人生を左右するような気がしています。

ゲーム配信は先月くらいから収入が安定していて、僕は出費が少ないので、このまんまいけばゲーム配信で生活していけると思います。

 

でも、先はわからないし、お金だけでなく、各種イベントや披露宴、パーティーの司会も楽しんで続けて行こうと思います。

今年が勝負、です。

 

2月末にあるゲームイベント。

e-Sportsが沖縄で流行る大事な1日になるかもしれません。

 

それまでにやれる事はメインでプレイしている第五人格のハンターとしての成績を上げること。

それが一番配信している番組への誘導になります。

 

心身を仕上げることも大切です。

12月には、1日というか数日のルーティンワークを作り始められてて、正月明けには出来てきました。

2月末に合わせていい形に出来そうな気もします。

間に合います!

 

問題は第五人格のメインキャラクター。

ごっこゲームで、

僕はハンター専門なんですが、1人は決まってて。

血の女王マリー。

少しずつ伸びてきてて、1月中にはアジアランキングの500位内には入れそうです。

でも問題はゲームのシステム上、ランキングが上がると、

ハンターが2人以上いない場合に勝つのが難しくなります。

 

これが本当に悩ましい!

マリーと並ぶようなバランス力を発揮できるハンターがもう1人身につけたいんですよね。

 

もう1人が決まればあとはラクです。

日常に余裕ができるのでそれを2月末のイベントに向かわせる事ができます。

 

ブログを書きながら思いついたのは、新ハンターのアンがでるので、それを見越して2人目を選ぶ作戦です。

 

アンがどのような能力かはまだわからないので、

2人目は環境にそいつたら難しい相手には引き分けを狙うスタイル。

3人目に新ハンターのアンが来る段階で、

マリー、2人目とバランスを見て使いどころを考える、というものです。

 

次に、今の段階で、2人目と3人目をセレクト。

お互いが補助できるように構成して、

マリーバンの時に相手の編成を見て2人目か3人目を使う。

どちらもある程度得意な時しか使わず、

新ハンターが出た時に追加して編成し直す、

というもの。

 

このように形を作る事ができるので、

本当にマリーをやっていて良かったなと思います。

いずれにしても一月末には登場するはずの新ハンターを待ちつつ、

2月末のe-Sportsゲームイベントに備えたいと思います!