比嘉周作オフィシャルブログ アラウンド ザ ワールド

比嘉周作の沖縄〜海外行き来 司会とパフォーマンスショーなど。

SPONSORED LINK

ジョシュア・ジェイ、水沢克也、シン・リム。

SPONSORED LINK

トークマジックの手応えというのをしっかりと感じたのは間違いなく、2019/5/5の、

もとぶこども祭りでのステージショーの時だ。

 

物語を語りながら、観客と即興でお喋りしつつ、マジックを完成させる。

 

これが本当に愛しいくらいに手応えを感じた。

 

今後もこのマジックは自分の記念になるマジックとなるだろう。

 

このきっかけは、ジョシュア・ジェイ氏。

彼のマジックを自分用に変換してやってみたのが大きい。

 

それから、トランプマジックをやっていこう!と思ったのは、間違いなくプロマジシャン、水沢克也氏のおかげだ。

 

実を言うと、僕はトランプマジックのスキルに引け目があり、あまり人前ではやる事が無かった。

 

自分より上手い人がたくさんいるし、この道のりは険しいと思っていたからだ。

 

ところがそれが大きく変わったのが、水沢克也さんとのやり取りだ。

 

ひょんな事からやり取りをすることになり、

合理的で効果が高く、高密度の体験となった。

自分自身の技術や考え方が大きく成長したと思う。

このタイミングとこの成長は、

一生忘れることはないだろう。

 

数年前に、いつか水沢克也さんとお話ししてみたいと書いていたけど、まさか実現するとは。

 

 

そして、この数年間のシン・リム氏の活躍も自分に力をくれた。

 

彼のマジックスタイルはここでは書けないけれど、本当に素晴らしい結果を導き出していると思う。

 

これもマジックを見せることの成長に力をくれている。

 

個人的な技術力は、これからも周りに自分より上手い人はたくさんいるし、

とても敵わないだろう。

 

でも、ジョシュア・ジェイ氏、水沢克也氏、シン・リム氏の3人は今の自分にチャンスをくれていて、

間違いなく比嘉周作にとって今年上半期のキーパーソンだと思う。

 

他にも思い浮かぶ人達がいるけれど、それはまたの機会に。

 

とにもかくにも、

おかげさまでこれまでの自分の技術と心の強さというハードルを遥かに安定して越えていると思う。

 

いま、マジックが

自分自身のトーク力と合わせることにより、

自信が確固たるものになろうとしている。

 

力が湧いてくる。

 

トークマジックにカードマジックを添えて仕上げる事が熱い!

音の魔法、白と赤の魔法、そしてトークマジック。

この3つが合わさってちょろりとタップダンスを混ぜれば、

確固たるマジックパフォーマンスショーになるだろう。

感謝してる人達に見せたいし、天国にも届けたい。

 

いつの日か、ジョシュア・ジェイ、シン・リム

にも会いたいし、

自分のマジックパフォーマンスを体験してもらうのが夢の1つになっているかも。

 

今年はオーディションを受けてみようと思っているから、そこから新たな人生が始まるかもしれない。