比嘉周作オフィシャルブログ アラウンド ザ ワールド

比嘉周作の沖縄〜海外行き来 司会とパフォーマンスショーなど。

SPONSORED LINK

グレイテスト・ショーマン

SPONSORED LINK

周りの人にすすめる、というのはなかなかできることではない。
その人の時間や他にできることをここにまわしてみては?
としていることでもあると思う。

ときどき、ぜひ観て欲しい、と思える何かに出逢うと思う。

 

今回は映画だ。

 

f:id:higashusaku:20180521154236j:image


そして沖縄の人にはチャンスだ。

映画グレイテスト・ショーマンはミュージカル作品でその内容は心に突き刺さった。
クォリティーに感動したし、音楽の美しさに涙が溢れるのを止められない人も出てくると思う。

いま、沖縄に住んでいる人にすすめるのは上映期間が終了したにも関わらず、
19日から25日までのわずかな期間、セブンプレックスにて今度は特別な音響で上映中だからだ。

ショービジネスやエンタメで本気で夢を描いている人も心踊るばかりだろう。
僕は打ちのめされたようにも思う。
これが生きるということだし、
その恋愛の素晴らしさ、その夢を掴むエネルギー。
自分の実績もなんと浅く薄いのだろうか、とも思えた。
数万人の前で司会しても、
全国トップクラスの人のライブで司会しても、
お祭りや市民会館で自らパフォーマンスショーをしても、自分がこの映画に出てくる人達のようにまっすぐまっすぐ走れているのか?
と問いかけるまでもなく愕然としたし、

これから先、どうしよう、とも思った。

 

途中、ジェニー・リンドという女性が歌を披露する。
もしこの映画の世界の彼女を観てしまったら
とても生きていけないと思った。
才能と美しさが彼女だと思う。

 

f:id:higashusaku:20180521154259j:image

 

そんな存在には感受性自体が惚れてしまうとわかった。
素晴らしく美しい才能に惚れるということはあるのだ。

ステージ上でたくさんの光を浴びながら彼女が、
本当にその場"が"ふさわしく、
そこで生まれて生きて来たかのようだ。

あなたがいなければ、
千のスポットライトでも、
夜空の全ての星を盗んでも、それでも足りないの、
と歌い上げる。

 

f:id:higashusaku:20180521154313j:image

 

生命は太陽が必要なように、ステージという素晴らしい舞台が相応しい彼女だからこそ、
その曲の価値が素晴らしい。

 

彼女の歌う姿を見て、主演のヒュー・ジャックマンの表情が本当に伝わる。
才能、美しさ、曲の偉大さ、そのステージや観客、建物、

 

全てが心を震わせるし、エンターテイメントに生きて来たからその場に居合わせると、もうどうしようもないと思う。

 

 

もしこれからあなたがこの映画を観たならば
検索して調べるかもしれない。

するとヒュー・ジャックマンが演じたのは実在の人物で、
リンドも実在して、
実際にそのステージショーもあったと知るだろう。

でも、それは嬉しさの一部でしかないと思う。

この映画が作品として世に出たことがありがたい。

 


2回目の鑑賞を終えたあと
海沿いでランチをしていたら
小さな白人の女の子がぼくのテーブルを指差して何か言った。
ぼくが飲んでいるフルーツジュースが気になったのかと思って、
美味しいよ!
というと、その子の母親がその曲が好きなのよ、
と言った。

そこでぼくはグレイテスト・ショーマンのサントラを流していることに気づいた。
先ほどダウンロードして聴きながら過ごしているのだ。

この子はこの映画の曲は全て歌えるのよ、
と母親が言った。

嬉しくなって母親と娘とハイタッチして、
おしゃべりした。

先日、オスカーかアカデミー賞か何かの授賞式を観ていたこのお母さんは、
この映画の曲が授賞しなかったことに憤慨していた。
ちなみに他のゴールデングローブまたはグラミー賞や何かではノミネートもされてるし授賞もしているので今後も素晴らしい映画として残るだろうけど、全ての式典で賞を受賞する可能性は確かにあった!ずば抜けている事は間違いない。

ぼくが、
でもここにいるぼくらの中では最高の賞を受賞しているよね!

と言うと、このお母さんはとても喜んでいた。

 

まだまだ書きたいことがあるけど、ここではこのくらいにしておこうと思う。

もしあなたがこの映画を観るならば、25日までのわずかな期間です。
しかも一日2回しかありません、、、。

 

人生の中でロンドンやパリやニューヨーク、ラスベガスに行って素晴らしい作品を観ることはなかなか難しい。

 


でも、いま、沖縄でこの作品が、特別な音響で流されています。

細かな音が遠くで、息づかいや歩く音が聴こえ、
ステップに身体が反応して、喜びの声に共感し、
のびのびと広がる歌声は心に美しい波紋を広げることでしょう。

 

今後一生、この機会はないかもしれません。
2時間ください。
運転もいれたら3時間?

行って座るだけ!

 

エンドロール中に立ち去るとか、
スマホを開くとかバカなことはしないでね!

 

感受性を無くさないで!
作品へのリスペクトを忘れないで!

 

エンドロールまで観たら、この作品が撮影開始前から素晴らしかったことを知るでしょう。

From now on.
今から、今夜から。