読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

比嘉周作オフィシャルブログ pikachuhigashu

比嘉周作の沖縄〜海外行き来 司会とパフォーマンスショーなど。

SPONSORED LINK

ベランダとジャンくん。

SPONSORED LINK

ベランダには時おり訪れて、

なんとなく置いてある長椅子に座る。

 

公園に置いてあるような横長のイスだ。

 

まぁ、なんとなく公園を意識したからだ。

 

夜、静かにベランダに出たくなることもある。

 

 

ゆっくりベランダに出ても、

静かにベランダに出ても、

 

ジャンくんはいつの間にかやってくる。

 

必ずと言って良いほど、ついてくるのだ。

 

例えば、誰か女性がウチの中に居たとしても、

 

女性は気づかず寝ていても、

 

ジャンくんは気づいて出てくる。

 

 

星を眺めることもあるが、

 

その美しさにジャンくんは目を向けない。

 

ベランダは柵になっている部分があるが、

そこから見下ろして下の建物を眺める程度だ。

 

ただただ、なぜかついてくるのだ。

 

哀しくてベランダに出ることもある。

 

哀しくてベランダに出ても、

 

ジャンくんはついてくる。

 

たくさんの猫がこの世にはいて、

 

それぞれの道を歩む。

 

時に一匹の猫と繋がり、

特別な存在になることもある。

 

ジャンくんとは10年くらいにはなる。

 

哀しみの空気をどうやって読み取るのか

ジャンくんは近くに来て珍しく鳴いたりもする。

 

ただただついて行き、

 

時おり追い抜かして先を歩く。

 

味方であり、信じてくれているのか?

 

世の中にはそれぞれの価値観、

理由、

生き方がある。

 

心寄り添い同じ道を行くのは、

 

なんと尊く、難しいことか。

 

相手に押し付け、

 

相手の気持ちを横に置いて、

 

咎めることの哀しさよ。

 

人を簡単に憎むことの哀しさよ。

 

人を睨みつけて、

 

人を思いやらず、

 

相手の気持ちを確かめずに押し付け、

 

自分はこんなにしてあげたのにと

ブツブツ言いながら傷つける人ばかりになってやしないだろうか。

 

ジャンくんがふらりと椅子に上がって来た。

 

少し頭を撫でて感謝と愛情を伝える。

 

時おりケンカはするけれど、

 

ジャンくんは寄り添ってくれる。

 

物は言わぬ猫だけど、

 

寄り添うことで伝わるものなのかもしれない。

 

寄り添う。

 

良い言葉だな、と思った。

 

そして言葉はとても大切だけれども、

 

ただただ、そばに寄り添うだけの方が

伝わることもある。