比嘉周作オフィシャルブログ アラウンド ザ ワールド

比嘉周作の沖縄〜海外行き来 司会とパフォーマンスショーなど。

SPONSORED LINK

アンマーよ

SPONSORED LINK

初めて午前中から台湾ストリートライブへ。

いつもならネコのジャンくんとくつろぐ時間だけどここでは出かける準備だ。

ジャンくんは周りの人のおかげでのん気にやってるらしい。

ジャンくんありきの旅でもある。

スケジュールがあって、なおかつジャンくんが大丈夫な時だけ海外にでれる。
いつかジャンくんと海外に住みたい気持ちもある。

まぁその前に目の前のことから。
交通費、食費、宿泊費を稼がなくては。

この1週間、いろんな場所やいろいろ試行錯誤してきた。

今日からそれらを全て出していくタイミングなのだろう。

まずは場所探し。

例えばネットで得た場所は基本的に役に立たないと思った方が良いかも。
なんというか、それぞれ個性があるのでその人の個性で場所が変わる気がする!

自分の場合はここと、ここだなぁととりあえず台北の中で4カ所。
そして今朝は5カ所目を発見。

人を眺める。
うん、ここは効果音系よりもタップだな。
曲は爽やかな曲、台湾人が好きそうな曲。キッズ向け曲をセレクトしてリフト作成。

ドキドキしながらタップ板を置いて、セッティング。

場所によっては警備員さんや警察の方に
ここはダメだよーと言われるのですぐに移動する感じ。

あとは現地の台湾人が何かやっていたら邪魔をせずに譲ること。

沖縄で生まれ育って思うのは現地の人の気持ち、
その土地の人を尊重すること。

侵略者になってはいけない。

(あと、宮城さん教えてくれてありがとう〜!
場所を、調べたので次回は行けたらなと!)


というわけで、タップスタート。

左肩が治らないので、タップの姿勢を変えようとして2日目。

足元を確認しながらタップしていたんだけど、
負担を減らすために、空を見ながらのタップ。

空は晴れていた。

曲は

つじあやのさんの 風になる

この曲はよく知らないけど、検索すると台湾で一時期人気があったそうだ。

とりあえず昨夜購入してダウンロードしておいた。
練習無しに初めから人前でタップしていく。

おぉー?
なんかやりやすいぞ!
好きだなこのリズム!

そして心地よい風が吹いた。

良いなぁこれ。

痛めている左肩を気にしながら空を見上げる。


ふと、そうすると人と目があう。


これは困った。

普段は、
押し付けにならないように。
足元を見て欲しい。
首に負担のないように。
板の大きさを把握したいから下を見る。

特に左下を見る癖があって、それはいま、
身体への負担になりがちだった。

左肩の負担を減らすためには空を見上げるという事になるんだけど、
空から目を下げると通り行く人と目が合うのだ。

まぁいっか!

どうせなら会釈したり笑いかけながらやってしまおう。

そうすると、普段は気づかないことがわかってきた。
司会をする時はわりとお客さんを見る。
効果音の時も。

タップは、その時となんだか違っていた。

空を眺めながらタップしつつ、目をおろせば
道行く人の中には楽しそうにこちらを見ている人がいる。

とりあえず笑いかける。

中には笑い返す人がいる。


あ!

そっか!!!

俺のタップはこういうのもありかもしれない。

バリエーションが増えたのだろう。

幾つかの国のミュージシャンやパフォーマーを見て回って、
これは心地良いなぁと思ったことがある。

特に台北のアイザックだ。


彼はアダ名がリングマン。

身長185センチくらいだろうか?
柔軟性のある筋肉質な身体で、上半身裸になって、
水晶を披露してそれから身体より大きな輪っか一本でくるくる周りながらパフォーマンスする。

何ヶ国か見てきたけど、
彼は世界でもトップクラスのストリートパフォーマーだと思う。

そのアイザックは、時おり天を見上げてるようにも見える。

自分の世界と空と繋がってるようにも見える。


自分の場合は左肩が教えてくれたのかもしれない。

空を見つめながらタップをする。

板の大きさは狭いので外れがちになるし、
技も出しにくいかもしれないと思ったけど、

それほど気にせずに足は動いていた。

目があった人が歩いてきて、しばらく聴いて、
そしてチップ入れにチップを入れてくれた。

自分なりに考えた感謝の仕草をする。

これはロードオブザリングという映画でエルフがやっていた挨拶だ。

胸に手をあて、そこから相手に手のひらを贈る。

楽しんでくれてチップもありがとう。

拍手だけの人もいるけれど、同じように手のひらを贈る。

良い1日を。

いろんなものが見えてきて風はますます心地よい。

つじあやのさんの 風になる

という曲はとても波長とあっていた。

見上げれば先ほどよりも空は青く澄んだように見える。

白い雲がゆっくり進んだかなー。

 

ありがとうな左肩。
負担かけて悪かったな。


先ほどから見ていた別の女性が近くにいた。

 

笑顔を贈る。


少し緊張しているようだけど、何かいつもとは違う雰囲気。

もう一度挨拶をすると

彼女は意を決したように近づいてきた。


リクエスト OK?


と言ってきた。


なるほど!
そういうことか!

シュアー!
もちろん!

と答えて


あれ?イントネーションが何となく気になって、

もしかして日本人ですか?

と聞いてみた。


はい、そうです!日本人なんですか?


と相手も日本語で返してきた。


珍しいな!
日本人が声かけてくるなんて!
日本や沖縄の曲を混ぜてたからかな。
それにしてもこういうコミュニケーション能力がアグレッシブな人は珍しいなー。

そうなんですよー、沖縄から来ていて比嘉と言います、


と言うと、相手はさらにびっくりして

 

えー!?
私もウチナーンチュです!

 

と!!!!!!!笑

 


ウケる!!!!!!!


さすがやっさー!笑

 

でも、女性が声をかけてくるのは勇気がいることだろうと思う。

彼女は学生さんで、これからオーストラリアへ留学に行くのだそうだ。
2年ほどだろうか。

異国の地は楽しくも寂しさもあるだろうな。

しばらくおしゃべりしていたら、
この子がスマホを取り出した。

 


あの、、、この曲でリクエストお願いして良いですか?

 

太陽の光の中で画面を見る。

曲名は、


、、、。

 


かりゆし58のアンマーだった。


、、、。


そうか。


親元離れて行くんだもんな。


アンマーは、母に捧げる曲。


オーストラリアへ旅立つ彼女の想い。


親の想いを想像した。


そっか!!!!


わかった!

やったことないけど
やるよ!!!!!

やるしかないでしょー!!!!


良いよーーーーーーーーーー !!!


再生ボタンをこの子に押してもらう。


おう!
音楽かけるのは君だ!


曲が流れ始める。


耳を傾けて少しずつタップを合わせる。

 

初めてのアンマーでのタップは難しい。

なんとか歌詞を追い、
リズムを追いかける。


とにかくめげずにトライ!!!


少しずつリズムをつかんだり、はずしたり。

でも気持ちを込める!


とにかく込める!!

 

"アンマーよ
アナタは私の全てを許し
全てを信じ全てを包み込んで
惜しみもせずに何もかもを
私の上に注ぎ続けてきたのに
アンマーよ
私はそれでも気付かずに
思いのままに過ごしてきたのでした"

 

すると、台湾の若い男性がやってきてチップを入れた。
彼は歌詞が分かるのだろうか?
それとも何かが伝わったのだろうか?
そのままそこに居続けて見ている。


沖縄の子はずっと正面にいた。
親元を離れ、オーストラリアに向かう前の台湾で
アンマーをリクエストする。
離れる前に素直になれなかったのだろうか?


それは彼女の親への思い。

いま、親元を離れ、

この子は親の事を想いリクエストしてる。


親と子の名曲が澄みきった台湾の空に響く。

親まで届きますように!!!

 

"アンマーよ
私はアナタに言ってはいけない
決して口にしてはいけない言葉を
加減もせずに投げつけては
アナタの心を踏みにじったのに
アンマーよ
アナタはそれでも変わることなく
私を愛してくれました"

 

沖縄で繋がる不思議な出逢い。
曲は後半だ!!!
がんばるぞーーーー!!!!

 

"度が過ぎるほどの頑固さも
わがままも卑怯な嘘もすべて
すべてを包み込むような
愛がそこにはありました
アナタのもとに
生れ落ちたことは
こんなにも幸せだった
今頃ようやく気付きました
こんな馬鹿な私だから
春先の穏やかな朝に
新しい命が生まれました
アナタの様によく笑う
宝石みたいな女の子
「優しさの中に凛々しさを
秘めた人」になるようにと願い
アナタの一番好きな
あの花の名前を付けました"


そして、、、

全てを終えて、僕はいま、マクドナルドにいる。

自分用にもアンマーをダウンロードした。
アコースティックバージョンにした。

全てが繋がるキッカケになった
つじあやのさんの 風になる は、
調べると

ジブリ

 

猫の恩返し


の主題歌だった。

 


もうなんというか、、、


いろんな思いが込み上げてきてしまった。

 

そして、


あ!

きたきた!


昨日のおばあちゃん。


待ってたよーーーーーーーーーー。笑

 


はい、レシート!